適応指導教室「そよかぜ」

2020年12月の記事一覧

線描

令和2年12月14日(月)創作活動

 直線で曲線を描く線描画です。多くの生徒が完成させましたので、豊かな表現をご覧ください。

 「みんな違ってみんないい」の言葉通り、同じように描いてもそれぞれが違います。

 お互いのこの違いを認め合いながら、子どもは成長していきます。

 「そよかぜ」でお互いの作品を鑑賞しながら、そのよさを味わっています。

干支の置物が完成しました

令和2年12月11日(金)

 先週から創作活動で取り組んできた来年の干支、丑(牛)の粘土細工の置物が完成しました。

 ぜひご覧ください。牛ではなく、鏡餅を牛に見立てたものもあります。

干支の動物を粘土細工にしています

令和2年12月8日(火)

 今日から、午後の「創作活動」で、来年の干支の動物を粘土細工で制作しています。

 完成品は下の写真のようになります。こんなふうに仕上がります。

 ただし、写真の丑(牛)は参考作品です。

 

  手順は次の写真のとおりです。

 

 

 まず粘土で「うし」の型を作ります。次の写真がそうです。なかには、鏡餅をつくる生徒のいます。

 仕上がりが楽しみです。

 こうした創作活動が、生徒の心を豊かのし、心のエネルギーがたまっていきます。

 そのエネルギーが、やがて学校に行きたくても行けない心を和らげて、意欲的に生きていく力を育みます。