取組事例など

不登校を経験されたかたのお話(その2)

 今回は、中学校1年生から不登校を経験されたかたのお話です。「B」さんといたします。

 このパネルディスカッションの時点では、Bさんは、大学卒業ののち、現在はお仕事をされています。

 質問は、春日部市教育委員会教育相談センターの臨床心理士さんです。

 司会役としてパネルディスカッションに参加しています。

質問1:背景理解のため、不登校になった経過を教えてください。

B:中学1年生の夏休み前から学校に行くのが怖くいなっていきました。母親にも話しました。

 まるまる1年間は自宅で過ごしました。

 中学2年生では、夏から秋にかけてさわやか相談室に週1~2回の登校していました。

 中学3年生では、毎日、さわやか相談室に登校できるようになりました。しかし、クラスに戻ることはありませんでした。

 高校からは授業をきちんと受けられるようになりました。

 

質問2:不登校解消のきっかけを教えてください。

B:何年も前のことなので思い出すのは難しいですが、最初は、相談室登校がきっかけではなかったかのと思います。

 家にいるよりは、学校のさわやか相談室に行って、学校に行くリズムを取り戻すことになりました。これが重要であったと思います。

 相談室登校によって、「高校進学希望」ができるようになったと感じています。

 塾やそのほかの場所だったら、もしかすると高校に行けなかったかもしれないと思います。

 

質問3:会場の皆さんにひと言お願いします。

B:学校に行かない選択をしている皆さんへ。

 学校の意味は、仲間や友だちをつくることです。

 自分が反省しているのは、友だちづくりができなかったことです。

 進学先で様々な仲間づくり、友だちづくりを大切にしましょう。

 社会に出ると、それがよくわかります。

 今回の体験談はいかがでしたでしょうか。

 さて、次回も「不登校を経験されたかたのお話」第三弾です。

 明日、5月26日(火)午前10:00アップロード予定です。お待ちください。