取組事例など

不登校を経験されたかたのお話(その5)そのとき親は・・・

 今回は、子どもから「学校に行きたくない」と言われたときの親の心情をまとめます。

 内容は、ここ数年の「不登校を考えるシンポジウム」のパネラーとしてご参加くださった保護者の皆さんの発言をまとめたものです。


〇 様々な感情が入り混じっていました。「行きたくない」という本人の言葉から、「行かせてはいけない」と思いながらも同時に、「明日からも学校に行かせなくてよいのか」「先生には相談できるのか」「何を先生に訊(き)けばいいのか」「どう訊(き)けばいいのか」、実に様々でした。自分の周囲にも不登校の親同士で相談できる機会や場もありませんでしたから、本当に困りました。

〇  急に朝、本人から「学校に行きたくない」と言われたときの不安は計り知れないほど大きなものがありました。学校にまずは電話をして、本人が行きたくないことを伝えると、担任の先生から「休みましょう」と言われました。そのひと言にどれだけ救われたか、ある意味、安心したように覚えていますす。ただ、その安心も一時のことで、「明日からはどうなるのか」「このあと、どうなるのか」という不安が再び湧き上がってきました。

〇 小学生のときから不登校でしたから、正直PTA理事の用事で学校に行くのも憂鬱でした。

 中学生になるまで相談する場所もわからなくて、孤独の中、耐えていたように思います。誰にも相談できず、最もつらい時期であったように思います。ただ、強引に学校に行かせることはやめました。

 できるかぎり本人の気持ちに寄り添えるようにしていきました。その間、今まで子どもに寄り添えなかった自分自身を反省をしていました。

〇 「なにがどうして?」「うちの子に限って?」戸惑いやこれまでの子育てのせいなのか、環境なのか等々、自分で自分を責めていました。

 子どもの気持ちもわからないし、本人にもそれはかわらず、言葉にもできなかったので、私も子どもも双方がとっても攻撃的になっていました。親も子どもも常にイライラしていました

〇 「なぜなのか」と自問自答し、ただただ不安なだけでした。子どももそうだし、自分もそうだし、それでも「なぜなのか」と子どもにたくさん質問したように覚えています。「なぜ?」「いじめなのか?」、そうした質問は、今考えると、子どもを責めていたように思います。


 いかがでしたでしょうか。多くの不安にさいなまれていた様子がおわかりいただけると思います。

 こうしたことに関する特集記事を、教育相談センター発行の『教育相談だより」に掲載しています。

 平成25年11月号「子どもの訴えに、どう対応するか」です。参考にしてください。

 教育相談だより第55号(H25年11月号)特集「子どもの訴えに、どう対応するか」.pdf

 次回は、不登校が始まり、その後、どうやって家庭内が安定していったのかを、今回同様に親御さんの言葉でまとめていきます。お待ちください。

 次回は、6月15日(月)に掲載予定です。