取組事例など

春日部市の取組事例などから

不登校を経験されたかたのお話(その15)不登校解消のきっかけは?③

令和2年10月5日(月)

 今回も不登校解消のきっかけについてです。

 お話は、毎回同じように「不登校を考えるシンポジウム」のパネルディスカッションの参加者です。


〇 学校のさわやか相談室への登校が大きなきっかけだったと思います。

 家にいるよりは学校の相談室に行くことで、学校に通うリズムを取り戻すことになりました。それが今考えると重要であったと思えます。

 高校への進学も、相談室登校によって進学希望するように考えが変わっていきました。

 相談室の存在は自分にとって大きかったともいます。

 たとえば、塾など別の場所であったなら、高校への進学も考えられなかったかもしれません。

〇 適応指導教室への通室が大きなきっかけでした。

 それまではどこにも行けなかったが、適応指導教室に通えたことは自信になりました。

 だから高校へも行けたと思います。

 様々な相談もしてもらえたし、多様な考えを持つこともできました。


 今回はいかがでしたでしょうか。

 次回は、10月12日(月)の掲載を予定しています。

 次回から「進路選択に関するお話」です。