取組事例など

春日部市の取組事例などから

不登校を経験されたかたのお話(その20)進路決定は?

令和2年11月16日(月)

 今回も、今週と来週の2回連続のものです。

 今回も、不登校を経験したかたの進路選択に関する思いをまとめます。

 次回(来週)は、その生徒の親御さんの当時の思いをお伝えします。

 2回連続、対の内容としてお読みください。


 中3のとき、中卒では生きていくうえで不利になるからという理由で高校への進学を考えました。

 行きたい高校はすでに決まっていました。動植物が好きだったので、それらに関わる高校、学科を選択しました。学力の面も心配はしていませんでした。

 とにかく、当時は自分の好みで高校と学科を選択しています。

 高校卒業後、就職しました。大学への進学を考えなかったのは、大学で何を学んでいくのかがよく自分には見えてこなかったからです。

 しかも、大学なら何歳でも通えるのではないか、社会に出てからでも大学には通えるのではないかと考えていたからです。

 真に学びたいものができたら大学に行けばいいや、そう思い、高校卒業後は就職をしました。


 今回のお話はいかがでしたか。次回はこのかたの親御さんの思いをまとめます。ご期待ください。

 アップロードは、11月24日(火)10:00~を予定しています。