取組事例など

春日部市の取組事例などから

不登校を経験されたかたのお話(その9)休んでいるあいだは?①

 不登校を経験されたかたのお話を情報提供しています。

 今回から「学校を休んでいるあいだには、どんなことを考え、どんなことをしていたのか?」ということをまとめていきます。

 今回も、ここ数年間に行われた春日部市の「不登校を考えるシンポジウム」のパネラーの発言をまとめます。

 参考にしてくだささい。


〇 家にいて親に申し訳ないと思っていました。携帯をもっていたので、SNSで同じ趣味の人とつながっていました。これは嫌なことを乗り越えるハケ口になりました。ある意味ストレス解消になりました。同じ趣味の人と、学校外でのつながりでしたから、その会話ややり取りは楽しかったです。

司会者の質問:スマホや携帯、SNSの依存症にならずに済んだのはどうしてですか?

〇 家族と話すことのほうが大切であると、そのときには、そう考えていたからだと思います。ただし、家にいてもやることことがないから、どうしてもはまっていくことはあると思います。

(ここからは、別のかたの発言です)

〇 学校にいかなくてよいということになって、正直ホッとしていました。学校に行かなくてよいという親の条件は、家できちんと勉強をすることだったので、約束を守って勉強していました。身体も動かしていました。今考えると、それもよかったと思います。

〇 学校に行かないと、ヤバイと感じてはいました。行かないと勉強が分からなくなる、という思いがありました。ただ、家にいられると気持ちが楽でした。ときどき友だちが訪ねてきてくれたのはうれしかたです。

 SNSへの依存の自覚はありませんでしたが、今振り返ると、四六時中携帯を見ていたと思います。

 適応指導教室に通うようになって、ほかの仲間と話ができたのがよかったと思います。家族以外の人と話ができるよい機会になったからです。


 今回はいかがでしたでしょうか?

 休んでいるときには、携帯やスマホの使用によって、SNSにはまる危険性があるようです。

 ただし、それも悪いことばかりではなく、ストレス解消になったり、好きなことをすることで意欲を高められるようです。一方で、依存症にならないように、身体を動かしたり、家族と話したり、家族以外と話すことなど、自分で依存症にならない環境をつくる必要もあるようです。

 次回もこの続きです。「学校を休んでいるあいだ、どんなことを考え、どんなことをしていたのか」をまとめていきます。

 7月13日(月)にアップロードする予定です。